エンゲージメントマナー講師ブログ

2歳前後の接し方のヒント!

2歳前後の接し方のヒント!

皆さまこんにちは
エンゲージメントマナー学院
東京山の手教室講師の櫻井です。

今日のお家でエンゲージメントは
『2歳前後の 男の子らしさ 女の子らしさが育つためのヒント』をお伝えします。

皆さんは
「三つ子の魂,百まで」
という、ことわざを聞いたこと、あるかと思います。
これは、”幼い頃、3歳くらいまでの頃につちかわれた性格や性質は、いくつになっても変わらない”
という言い伝えですが
生まれてから3歳ぐらいまでって、本当にとても大切で
愛情たっぷりで育てて欲しい時期なんです。
そんな中、今日は。
2歳の頃、の接し方についてお伝えします。
この時期の接し方で大切なのは
「同性の親からの愛情をたっぷり感じてもらう事」なんです。
男の子はお父さん、女の子はお母さんとの関わりを意識して持つことが大事なんです。

男の子はお父さんから。
二歳の頃の男の子は、なんでもやりたい試したい時期、
高いところに登ったりとやんちゃな気持ちでチャレンジをするのを
お父さんがしっかり補助してあげましょう。
そしてチャレンジした事をすごいねと褒めてあげる。
お父さんに守られながら、一緒に過ごす時間は男性としての強さや、たくましさを学んでいくでしょう。

そして女の子。女の子は母親との関わりが、大切です。
例えば
一緒に人形遊びやおままごとをしたり、髪の毛をアレンジしてあげたり、
抱きしめながら可愛いねと語りかけてあげましょう。
お母さんと一緒に遊んで、可愛くしてもらって嬉しさと愛をいっぱい感じる。
そんな体験をたくさんさせてあげましょう。そうすることで、女性としての優しさや母性が育まれて行きます。

もしもお父さんやお母さんではなくても、おじいちゃんやおばあちゃんや
身近にいる同性の大人から同じように愛情たっぷりで接してもらうことで
同性としてのやさしさや強さを学んで行くでしょう。

こうやって
毎日の生活の中で
二歳の頃は同性の大人から
男の子は男らしさ
女の子は女の子らしらを
自然に
見ながら感じながら学んで行きます。

ぜひ、意識して過ごしてみてください!

今日も
エンゲージメントマナー
スピリットで過ごしましょう!