エンゲージメントマナー講師ブログ

3歳前後の男の子の接し方のヒント

3歳前後の男の子の接し方のヒント

皆さまこんにちは
エンゲージメントマナー学院
東京山の手教室講師の櫻井です。

今日のお家でエンゲージメントは
『3歳前後の 男の子の接し方のヒント』をお伝えします。

私には2人の、もう成人した男子が居るのですが、もっと早くファミリーエンゲージメントを知っていたら
どんなに、もっと楽な気持ちで子育てできただろう。。。
そして、子供たちとの時間がもっともっと楽しく過ごせただろうなぁ~と いつも思います。

だからこれから、子育てをする方たちに
是非ぜひお伝えしたいなぁと思っています!

3歳の前後は異性の愛を感じることが大切な時期になります。

男の子にとってお母さんやおばあちゃん、保育園や幼稚園の女の先生であったり身近にいる女性と接することで
自分とは違う性別を理解する気持ちが育まれていきます。

この時期はいろいろな事が理解できるようになって来て
自分の主張も思いっきり伝えてくるようになります。
男女の差もこの頃から出てきて、男の子は体力的にもパワーアップして、ぐんと男の子らしくなってきます。
力も気持ちも加減がわからず全開で向かってきます。

例えば
力任せで向かってきたとき、「お母さんは女の子だからもっとやさしくしてね!」 と力加減を教えてあげたり
お手伝いを頼むときにも、「これ、お母さんにとっても重いから持つのを手伝って!!」とお願いすると
「よーし!僕がお母さんを手伝うぞ!!」という気持ちが芽生えます。
こんなやりとりから、自分の性別を意識して、違う性別を理解していくのです。

ぜひ、3歳前後の男の子と接するときはこんな事を思って接してみてあげてください。

今日も
エンゲージメントマナー
スピリットで過ごしましょう!